ライフデザイン学科での勉強とは - ライフデザインとお金

ライフデザインとお金 > ライフデザイン学科での勉強とは

ライフデザイン学科での勉強とは

今、多くの大学や短大などで「ライフデザイン学科」が設置されていますが、どんな勉強をする学科なのでしょうか。
実は「ライフデザイン学科」は大学によって内容は様々あり、一口で説明する事ができません。

例えば、食べ物や服飾関係の事を専門に勉強していく大学もあれば、観光やレジャーに関する事を学んだり、医療や福祉・介護に関する内容で行っていたり、インテリアデザインやファッションビジネスなど、ここには並べる事ができないほど多くの内容で個々の大学がライフデザイン学科を設置しています。
ただ、どの大学のライフデザイン学科にも共通して言える点は、人間が生活していく上で絶対に必要となってくる物や関りのある物を、深く研究していく学科であるという事が言えます。

ライフデザイン学科は全国的に色々な大学で設置されており、ライフデザイン総合学科という風に大きな括りにして、その中で服飾コースや介護福祉コースなどに分けて勉強を行っているところが多くあります。
主な設置大学としては、江戸川大学社会部のライフデザイン学科や今治明徳短期大学のライフデザイン学科、大妻女子大学家政学部なども有名で、それぞれその中でコースを設けて勉強をしています。

大学によっては、ライフデザイン学部という名で設置している所もあり、東北工業大学や東洋大学、山口福祉文化大学などがこの名称を使っている主な大学となります。
ライフデザイン学部も人間学や体育学、環境学などを学ぶという点では、ライフデザイン学科と極めて近い分野の勉強をすると言えます。

今、介護や福祉に興味を示す学生多くなってきているので、ライフデザイン学科はとても注目を集めており、設置した事により入学者が増加したという大学もあります。
他にも食や服飾など、日常で無くてはならない生活に密着した物を、人間の本質などから深く考え研究していく事に興味を持つ学生も増えており、今後更にコースが拡大していくことも予想されます。